音楽の歴史とは?私達はいつから音楽を聴く様になった?

人間が音楽を聴くようになったのはいつから?

音響から音楽まで、音楽のルーツ

人類は、誕生してから長い年月をかけて進化をしてきました。 その過程で、何をきっかけに、どんな理由で音楽が聴かれるようになったのか。 これまで様々な研究がなされてきましたが、しっかりとした裏付けがないとも言われています。 そんな少しミステリアスでもある、楽しい音楽史の仮説をご紹介します。

音を感じる・伝える人間の特性

音楽に対して感動したり、体が動き出すといった能力を持つのは人間だけと言われています。 動物にも耳がありますし、共鳴してコミュニケーションをとるといった特性はあります。しかしそれは音楽としてではなく、音または音響として感じられているものであり、人間の感じるものとは異なるのです。

言葉から音楽へ。音楽の始まり

朝のアラーム、電車の発車音、カフェのBGM、カラオケ…普段の生活の中でも私たちの周りには音楽が溢れています。
聴き方や用途は様々ですが、音楽は私たちにたくさんの影響を与えています。
普段あまり音楽は聞かないといった人でも、お店で流れているBGMやテレビの音声、電話の保留音など、生活をしていると必然的に音楽が耳に入ってくることと思います。
音楽なしでの生活というのは中々考えられないのではないでしょうか。

今でこそ様々なジャンルの音楽が存在し、CDショップだけに限らずインターネットを使えばいつでも世界中の音楽が簡単に手に入るため、多くの音楽を気軽に楽しむことができる世の中になっています。
ラジオなどでランダムに流れる曲を聴くのも楽しいですし、趣味で楽器演奏を楽しんでストレス解消をするなど、取り入れ方も様々です。

コンサート、ライブ、クラブなど、音楽を楽しむ場もたくさんあり、そこでの体験や出会いは音楽があったからこそ生まれたものと言えます。一人音楽に浸って癒されるのも良いですし、同じジャンルが好きな人同士の繋がりも、毎日を充実したものにしてくれます。

そんな素晴らしい存在の音楽ですが、そもそも私たちはいつから音楽を聴くようになったのでしょうか。また、何がきっかけで音楽が誕生したのでしょう。

ルーツを探ることで、より一層音楽の大切さと楽しみを発見できます。
このサイトでは、私たち人間が音楽を聴き始めたきっかけを簡単な歴史とともにご紹介します。ちょっとした雑学としてもお楽しみください。

日本独自に発展してきた音楽

日本の古典音楽は、今でもその芸術性を高く評価されています。 その他、子供のための童謡からレトロな演歌、キャッチーなJ-POPと、様々な国民的音楽があります。 その背景には、長い歴史における海外からの影響、それを日本人なりに取り入れてきた個性があるからこそ、多様性のある音楽が発展してきたと言えます。

TOPへ戻る↑